ゴルフ練習を変える画期的な練習器具
『ティークロウ』
アメリカのゴルファーを魅了した
大ヒット製品!!
Tee Claw(ティークロウ) を使用すれば、練習場のマットでもゴムティーを使うことなく、ラウンドであなた自身が使用するティーを使用する事が出来ます。またショット練習のアライメントライン、パッティング練習など、アイデア次第で様々な練習に活用できます。スティックタイプの練習器具と異なり、ティークロウはゴムひもとの組み合わせで線を作るので、クラブやカラダを傷める心配もなく、ジュニアやビギナーの練習に最適です。
 
 
Tee Claw(ティークロウ)は、
練習場でもコースと同じような実践的な ショット練習がしたい!
という一人のゴルファーの願望から誕生した商品です。
 
プロのトーナメントコース内のドライビングレンジの多くは、天然芝を採用しています。天然芝の練習場でのドライバー練習は、もちろんコースのティーグランドと同様に、ティーを使用してショット練習を行っています。

本来ゴルフは芝の上で行うスポーツです。ティーグランドでのショットは、レギュレーションに合致したティーを使ってショットを行います。しかし・・・街中の練習場はそうはいきません。多くの練習場は、人工芝マットにゴム製のティーを採用しています。ゴムティーを使用した練習では、スピン量などが異なり、飛距離が出るドライバーでは、微妙な誤差が大きな違いになります。

Tee Claw(ティークロウ)の開発者は、より実践に即した練習をしたいと考え、人工芝マットの上でも自分のティーを使用した練習ができないものかと考えました。そして、それを実現する為、ティーに細工を施してみたり、ペットボトルのキャップを加工してみたりと、多くのトライアンドエラーを繰り返します。そしてその結果、誕生したのが Tee Claw(ティークロウ)です。Tee Claw(ティークロウ)を使用すれば、木製ティーやプラスチックティー、種類を選ばず、みなさんが普段コースで使用しているティーを人工芝マットでも使用が可能です。
  
 
Facebok にて Tee Claw(ティークロウ)使用方法公開
 
ページトップ